しまぐらし ~事務屋の日記~

霞が関で国家公務員を務めていた事務屋さんが、ひょんなことから島に移住していろいろと思うところを書き連ねていきます。

新型肺炎騒動でランタンフェスに見る長崎の危機感の薄さって平和ボケなんですかね

www3.nhk.or.jp

 

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が世界中で大騒ぎになっているのに、なぜか中止されないのが不思議な「長崎ランタンフェスティバル」ですが、公演しにくる予定だった団体から断られて、ようやくプログラムの一部が中止になったようで。

>「天津シルクロード芸術団」の申し出は、「非常に苦渋の決断だが、感染拡大を懸念している日本のお客様も多いと思い、安全に配慮した」という内容

ですって。
普通に考えたら、実行委員会の方が安全に配慮すべきだと思うんですけどね。
この危機感の薄さはどこからくるのでしょうか。

症状が出ていないうちから人に感染すると言われている段階なのに、なんでわざわざ人が集まるイベントを中止しないのか。
しかもイベント自体、例年に比べたらスカスカの人出なのに。

その一方で、長崎大学のBSL-4の研究施設は建設反対というのも不思議。

www.nishinippon.co.jp

>反対住民でつくる市民団体は「住宅街にあるキャンパスでウイルスが漏れ出れば、生命や身体が危険にさらされる」などと主張。

ですって。
研究施設からウィルスが漏れ出すことを心配するなら、この時期に春節のイベントなんてありえないことだと思うのですが。

 

 

セブン‐イレブン東大阪南上小阪店のニュースがアツいですね

 

 

www3.nhk.or.jp

このオーナー氏が出てくるニュースには、以前から違和感がありましたよね。
この違和感はどこから来るのだろうか、、、と思ったら、Facebookのニュースのコメント欄で分かりました。

つまり、このオーナーの言う「人手不足で24時間営業ができない」のは、アルバイトに対するオーナー氏の言動に問題があるのではないかと。
アルバイトだけではなく、客に対しても問題がって、それで本部にクレームが寄せられているのではないかと。

NHKだけを見ていると、もしかして本部がサクラにクレームを入れさせているのではないか、と勘ぐってしまうけれども、Googleマップの評価を見ると過去からひどいのがよく分かった。

加入料で大金積んでいるとは言え、商売が成り立たないと思うならやめればいいのにねえ。
っつーか、他のコンビニチェーンがこの店のすぐそばに開店すればいいのに、とは思うけど、ここまで悪名が上がっちゃうとそれも難しいんですかね。
商売として儲かっても、ブランドイメージが悪くなるもんね。
その点、このまま放置しておけばセブンのイメージばかりが悪くなって他社はウハウハですな。

www3.nhk.or.jp

 

だからこそ、いくら勘ぐられようと、ネットで叩かれようとも、思い切ってこの店を切るという判断をしたんですかねえ。

コンビニ本部とオーナーを比べたら力の差は歴然だけど、ここまで悪評をバラまかれたら切るしかないもんね。

そういった意味では、このオーナー氏はすごかったですよね。フランチャイズを切られたところで、今後は活動家として食っていけるくらいは有名になったし。

 

 

 

普通の日記(Twitterやりたい、従業員が辞める、韓国との軋轢、政治番組のこと)

珍しく、普通の日記です。
Facebookには書けないようなことを書いておこう、そのためのブログなので。

でも、ブログにわざわざ書くのは面倒なので、久々にTwitterをやりたいと思っているんです。
一言、二言、だらだら書きたい。
バカがバレそうなのと、反射的に書いちゃいそうなので、やはり本名を晒さずに、という方向ですかね。
あと、面白いことを言う人をフォローしておいて、面白い話をたくさん読みたいのです。
要検討。

そして、従業員が辞めるらしい。事実上のクビだけれど。
この人が入りたいと連絡してきたときから、採用しない方がいいと進言していたのでしたが、なぜか採用されることになり、仮採用で半年様子を見た方が良いと進言したのに、へっぽこな理由(引っ越すのに予定より金がかかったというクソみたいな理由)で3ヶ月に短縮され、その3ヶ月後に辞めるのだと。
クソだな。
と思ったけど、ちょうどこの夏に、Facebookで退職騒動を見ていたので、騒ぐことなく、大人しくしておこうと思ったんですよ。
Facebookって、良い反面教師ですよね。辞めてくれるんだから、穏便に出て行ってもらいましょうよ。
(夏に見たのは、急に「従業員が辞める」とおっさんが投稿したのに対して「その人は止めた後どこで働くのですか」という、普通に予想できそうなコメントが書き込まれたのに対して「知らない」とか答えたあたりからキター!って感じだったのですが、その数日後におっさんが「誰とは書かないけど事務所で犯罪行為があった」とか病的な投稿をし、大方の予想通りそれは辞める従業員への当てつけで、そんなゴタゴタを残しておっさんは一人では仕事を捌ききれなくなり、「誰か一緒に働きませんか」とか、何もなかったかのような薄気味の悪い勧誘投稿をしていたのですが、そんな奴と働きたいわけないじゃんねえ、という騒動だったのです。)

そして、最近の日韓問題について。
平均的な保守的日本人として、日本が譲るようなポイントは無いと思っていたのですが、録画しておいた昨日のニュースを見てちょっと考えが変わった。
つまり、昭和40年の日韓請求権協定によれば、日本政府は韓国人への個別対応をしない代わりに、韓国政府に補償金を払ったのだ。だからもう何も払わないぜ。という立場を支持していたのでしたが、それはちょっと方向変換したいなと。

もちろん、今の韓国での裁判で、日本企業の財産を差し押さえようとしているのはおかしいと思う。
けれども、日本政府が何もしなくてよい、むしろ韓国に対して経済制裁的な政策を発動するのはやりすぎだし、それどころか、先日の韓国国会議長が言った韓国に創設するという基金に対して、何らかの拠出をするのは構わないんじゃないかと。

いや、相手が毎度のようにゴールポストを動かしてくるのは腹立たしいし、今回払ったらまた払わされるような気がしないでもないけれども、ある程度は仕方ないよな。
そういう人たちなんだよ。
可愛そうな人たちですよ。
それなら、中東の難民にたいして人道的支援をするのと同じような感覚で、いくらか拠出してあげればいいと思うよ。
とくに、この数か月のゴタゴタで、向こうもかなりきつい思いをしただろうし、今後はそれほど変なゴールポスト移設はしてこないだろうし。
こんなことで各地の観光地が疲弊したり、日本企業の業績が悪くなるのも不幸だし。
もう潮時だと思おう。

そして今日みたニュースも面白かった。
国民民主党の玉木代表は、意外とまともですよね。
リツミンなんて無視して、維新と組んだ上で政権にすり寄るのが一番良いのではなかろうか。
閣外協力でもいいんだし。

パラリンピックの位置づけがよく分からない件について

www.asahi.com

東京パラリンピック馬術でメダル候補と思われていた選手が、障害程度が改善して「健常者」と判定されたので、パラリンピックには出場できなくなったというニュース。
本文が全て読めないので正確なところは分からないのですが、どうやら選手本人は不満を持っているようで。

えー?

と言わざるを得ない。
パラスポーツの意義って、元々スポーツに取り組んでいた人が事故や病気で障害が残ったような場合でも、またスポーツに取り組みやすいようにスポーツの環境を整えましょうとということで、その上で、ただスポーツを楽しむだけじゃなくて大きな目標を持てるように世界選手権とかパラリンピックをやってるんじゃないのかしら。

とりわけ、この選手も元は健常者のアジア大会で銀メダルを取れるような人だったのが、乗馬クラブで馬の手入れをしているときに怪我した、ということで、パラスポーツがあってよかったよねと思うのですが。

そもそも、パラスポーツの競技としての評価はすごく難しい。
競技の種別だけではなく、障害の程度によって出場クラスが決まる。
傷害の重かった人が、障害の程度が軽くなれば出場クラスが変わるし、その「障害が軽くなる」ことは喜ばしいことなんじゃないかしらね。
クラスが変わると出場できなくなるかもしれないから障害が重い方が良い、などという考え方は不健全ではなかろうか、、、

百歩譲って、障害の程度がそのままの方が良い、と考える人がいたとしても仕方ないけれども、健常者がパラリンピックに出たいがために障害を負いたいと思うのは絶対に不健全であることは間違い無いわけで、だとしたら、パラリンピックに出られなくなるから健常者として認定されるのが残念だとか言うのも不健全だと思うけどねえ。

「将来のために、○○だから△△しません」という論法

このまま温暖化が進んだらわたしたちの将来は無いので、学校に行っても無駄だ。
だから金曜日は学校に行きません。

という活動をしている外国の子が有名になって数年たちますが、この理屈だと、自分の力ではどうにもならない○○について、直接の因果関係が無い△△をボイコットするという「○○だから△△しません」という理屈が独り歩きするのではなかろうか。

と思ってたら、香港で同じような理屈が発動したんですねえ。

www.sankei.com

どういうこっちゃ。

 

だから朝日新聞は嫌われるんだよな

 

www.asahi.com

不思議な誤報、と言うよりも、悪意に満ちた虚報と言ったところでしょうか。

普通に考えたら、地裁の判決が国に不利だった場合、国は控訴しますよね。
地裁判決の段階で控訴を断念することはめったにないし、今回は裁判の性格からしても、この時点で断念するとは考え難い。
だから、国がどうするのか確定していない段階では、「国が控訴を断念する」という情報ならスクープする価値があると思う。
しかし、朝日新聞は「国が控訴する」という、通常の判断を一面トップでスクープしてみせた。結果、誤報だったと。

つまり、「ただ間違えた」のではなくて「何らかの意図をもって虚報を流した」のではなかろうか。
だからアサヒは嫌われるんだよな。

生協労連が最低賃金を上げろと主張しているそうですが

www.bengo4.com

本当に義務教育を修了してるのかと疑っちゃうくらい頭が悪いことを言っております。

「スーパーやコンビニでも、全国どこでも売っている物の価格はほぼ同じです。最賃の一番低い鹿児島だからといって、価格が安くなることはありません。それなのに、同じ価格の物を売り、同じ仕事をしていても1時間あたりの時給が200円以上も違います」(生協労連)

 

 

ですって。
販売数量が違う、ということを考えないのでしょうか。
そうじゃなかったら、賃金どころか家賃も段違いなんだから、鹿児島のオーナーはウハウハじゃねえか。
そもそも労組が訴えるべき相手は政府じゃなくて雇用主だろうよ。

ついでのつもりで生活費の比較を挙げているのも筋が悪い。

生協労連の上部団体「全労連」の調査によると、賃貸ワンルームに住む25歳男性で試算したとき、鹿児島市(最賃761円)では交通・通信費が月3万9000円ほどかかるのに対し、名古屋市(同898円)では約1万9000円。トータルの生活費は、鹿児島の方が1万円以上高くなったという。

じゃあ賃金を統一してもダメじゃん。
生活費も統一しろよってことなのでしょうか。

要求するときは、あれもこれもと詰め込み過ぎてはいけませんね、という反面教師ということですな。